学生ローンの場合は?

「親友の頼みでも連帯保証人にだけはなってはいけない」というようなことを教わってきた人も多いのではないでしょうか?連帯保証人というのは、ローンを利用する場合などにもし万が一借り主が返済困難になった場合、その分の負債をそのまま背負うことになる保証人のことを指しています。
そもそも何故このような制度が必要となるのかというと、「お金を借りたいものの、自分の収入では審査を通らない」という人がいるためであると考えて良いでしょう。

ローン業者も慈善事業ではありませんから、当然返済がなされないというようなことがあると困ります。
それはそのまま会社としての損失になってしまうためです。
万が一にでもとりっぱぐれが無いようにするために、本人が返済出来なくなった場合にも返済してもらえる人を立てることになるわけです。

では、例えば学生ローンの場合、この連帯保証人というのは必要となるのでしょうか?そもそも学生ローンというのがどのようなものなのか、ということについてまず考える必要があるでしょう。

学生ローンというのは、「総量規制に掛からないように運営している、収入がない人向けのローン」だと考えて頂ければ概ね間違いはありません。
この先ではこのローン自体の仕組みについても紹介を加え、学生ローン利用時の注意点というものを詳らかにしていきます。

その上で、学生ローンに連帯保証人が必要になるのかどうか?ということについても紹介します。